音楽スクールのPerfect Online Voice(パーフェクトオンラインボイス)

生徒さんの声

2021年04月28日

6/12の@home liveまであと僅かという事で、自らをエンジン掛けまくりの煽りまくりで頑張ってます。

究極の到達点は初見だけでツルっと弾ける・歌えるようになる事です。

そこに少しでも近づけるようにまだまだ頑張ります。

2021年04月26日

いつもお世話さまです。

日々の成果か、次第に譜面が読めるようになってきました。

特に反復記号を覚えるとかなり違ってきます。

(今までこんな便利なものを使いこなさずにいたのか……としみじみ思います)

やっぱり、具体的な目標を持てば自然といろいろな事を覚えていきますね。

これからもよろしくお願いいたします。

2021年04月22日

POVにて音楽を学び始めて、それまでとは本当に変わった点が2つありまして。

ひとつは、音そのものに、より耳をすませるようになった事。

もうひとつは、自身に自信を持つようになった事です。

楽器の耳コピにしろ、歌声の改善にしろ、まずは音をよぉ〜〜く聴く事が第一歩であり……ひょっとしたら、音楽の学びの全てがこれに集約されているかもしれません。

本当にこれは実感しています。

そして、自信を持つという事。

まあこれは……人前での演奏を通じて、気が付けば身について来た感じです。

ひとつの本番は100の練習に勝る。これはまじで本当の事だと思いますし……

(同時に、ひとつの本番をやり切るには100ではきかない練習を重ねる必要がある、と思います)

ひょっとしたらずっと気付かないままだったかもしれない2つの事柄を自覚できた。これだけでも凄い収穫です。

これからもちょっとずつ頑張っていこうと思います。

2021年04月18日

講師 岩切愛子先生

レッスン 対面のボイストレーニング

athome文化祭は大文化祭とは違うので、6月で第2回とのこと。第2回athome文化祭に向けて、アニソン2曲を全力で仕上げ中です。

ドラゴンボールは歌わないので、歌い手ネームも、野毛のカメ仙人から、野毛の仙人に改め、気持ちも新たにレッスンを受けております。

レッスンを受けて実感します。スラダンやヒロアカの歌が、こんなに深いとは。
とはいえ、それもPOVの楽しみ。コツコツやる気が満ちておりますよ。

2021年04月18日

毎週の、レッスンに次ぐレッスン。個人練習に次ぐ個人練習。レッスン毎の指導に次ぐ指導。

みるみるうちに、最初に用意した歌詞カードと譜面が書き込みで埋め尽くされていきます。

まあ、当の私以外の人がそれをみたら、「なんじゃこりゃ?ゴチャゴチャ書き込んであるなあ……」と思うばかりでしょう(笑)

それはまさに書き込みと言うよりは、「爪痕」です。

でも、当の私がそれを読み返すと、その時の気持ちや次回までに改善するべき点がありありと分かります。

ゴチャゴチャ書き込まれた歌詞カードと譜面は、まさに「私だけの宝物」です。

決して何にも替える事は出来ません。

もうこの宝物がいくつも溜まってしまいました(笑)

まだまだ頑張りますのでよろしくお願いいたします。

2021年04月17日

すごく分かりやすく教えて頂きました。

歌も上手くなってビックリです!

2021年04月17日

音楽に限らず、上達の為のコツやアドバイスは言葉にしてみると、

「えっ、それだけ?もっと他に詳しくあるんじゃないの?」

っていうのが本当によくあると思います。

……でも、「本当にそれだけ」だったりするんですよね(笑)

例えば音楽だと「集中できる場所を確保する」とか「まずは身の回りを片付ける」とか。

えっ、それだけ?

……いやまじで重要ですってばこれが(笑)

何事も「うそだと思ってまずは行動してみる」のが最重要なのかも……と思う次第です。

次回のレッスンもよろしくお願いいたします。

2021年04月12日

POVをきっかけに、生活の中に「レッスンと個人練と発表会LIVE」を取り込んで、結構な時間が過ぎました。

そんな日々でふと思う事は……

「……もっと早く始めていたら今頃もっと上手くなってたろうな〜」

ハイ、出ましたね!!出ましたね!!「もっと早くやってりゃ」

……お気づきだろうか?上記のワードが出るって事は……その「始めた事柄」はホンモノの出会いなんだって事を。

周りの事はほっといて、今日もザクザクと自分の中を掘り下げたいと思います。

2021年04月06日

ピアノ弾き語り習得も、はや5・6曲目となりました。

習い始めの頃は、譜面をガン読みしてとにかく詳細に覚えねば……と思っていましたが、直近の曲では、まずは歌を最初から最後までさらって→演奏はコード進行と、基本となるフレーズのパターンを確認して→レッスンにて不備な箇所を指摘して頂き→持ち帰って個人練習……といった流れが出来てきました。

一小節ごとのフレーズや細部に拘り過ぎて発表会LIVEに間に合わない……となったら本末転倒もいいところ。まずはアウトラインを引いて、徐々に細部を詰めて行った方が断然効率が良い。

そんな事を最近やっと気付けたかな……といったカンジです。

まだまだ頑張りますよ〜。

2021年04月05日

岩切先生の対面ボイトレを受講しました。

課題曲2曲を、カラオケで歌おうと考えていたのですが、いろいろ試した結果、岩切先生のピアノ伴奏で歌うことにしました。
この方が歌いやすいし、自分のアレンジをしやすいのです。

カラオケがうまくなるのもよいでしょうが、ナマ伴奏での自分流の歌い方をつくりあげていく楽しみは、やはりデキル先生のレッスンを受けてこその醍醐味だと実感します。

PAGE TOP