音楽スクールのPerfect Online Voice(パーフェクトオンラインボイス)

生徒さんの声

2020年11月30日

初挑戦の(初級者向けのピアノ・アレンジ曲とはいえ)難曲に、当初の10日ほどは全く弾けませんでした。
しかし、左手の使い方を先生に教えていただくと、いつの間にか少し弾けるように。
まだまだ曲練習は始まったばかり。これからいくつもの険しい山が待ち構えている。日々精進しかないのはわかっている。
次のレッスン日を励みに、ともかく少しずつです!

2020年11月30日

講師 岩切愛子先生
レッスン 対面のボイストレーニング
11月26日、レッスンを受けました。28日、POV文化祭に参加して歌いました。マリーゴールド、親愛なる旅人!!そして本日30日、レビューを書き込みしております。
歌い方をラーメンを例えるならば、くどい出汁やしつこい味付けをしない、すっきりした清湯スープのような、引き算の歌い方を練習してきました。
そして、本番!!力が入りすぎー!!くどい、しつこい、アレンジし過ぎ!!生演奏の本番って、意識以上にパワー全開になることを実感しました。
でも楽しかった!!文化祭はクセになります。次回の文化祭は来年2月ですと。もちろん参加します。2月に向けて選曲を始めます。

2020年11月29日

本気文化祭、終了!長くて短い一日が終わりました。
絶対にトチらないぞ、と思いながら幾百幾千と反復練習し、迎えた本番の熱気と雰囲気の中で最後までやり切りました。
結構間違えたけど、「それでも手は動いて」最後まで通せたのです。やっぱ練習した甲斐はあった。そう思いました。
まだ余韻が残ってますが、次の発表会LIVEも決まっているとの事で、それに向けてまた頑張るか!と思ってます。
幸い、ピアノやギターで覚えたい曲はたくさんあります。
これからもよろしくお願いします!

2020年11月24日

レッスンをいれずにリハーサルを迎えようかと思ったのですが、やっぱり不安になり急きょレッスンを入れさせてもらいました。
本番と同じように通しで歌わせてもらい、緊張感も疑似体験できて心の準備が整いました!
ブレスや、細かな表現の最終確認もできたので、レッスン来てよかったです!
行きたい時に行けるのが本当ありがたいです!

2020年11月24日

文化祭を1ヶ月後に控え、何度も回数を重ねて今までの練習してきた成果を自然に表現できるようレッスンがありました!
繰り返すことで自信もついて、文化祭前に少し安心しました!
何より、声を出す、歌う、ということが楽しくて仕方ありませんでした。ありがとうございました!

2020年11月24日

リハもあっという間に終わり、文化祭LIVEが直前となりました。
色々思うところはあるけれど、ピアノ初挑戦・初弾き語り。出来る事は全てやりました!マジ全てです!あとは本番を迎えるのみ!
……リラックス&平常心で臨みます!

2020年11月23日

ライブ前の最後のレッスンでした。次はいよいよ本番です。
今日みたいな歌い方だったら最高なんですが…。どうでしょう?それは自分次第??
けど、最初の頃に比べると
ホント、声も出るようになったし安定して歌えるようになりました。
それが、凄く嬉しいです。
上達していないと思って探して見付けたボーカルスクール。
出会えて本当に良かったです。庭瀬先生に出会えて本当に良かった。
ありがとうございます。

2020年11月19日

講師 岩切愛子先生
レッスン 対面のボイストレーニング
歌い方をラーメンに例えるならば、上質な澄んだ清湯スープに、どんなカエシ=タレを合わせるか。塩ダレを合わせれば、塩そばになる。醤油ダレを合わせれば、醤油ラーメンになる。
塩ダレにシジミを合わせた方がよいか、醤油ダレに牛骨を合わせた方がよいか。
文化祭が目前なのに悩んでおりますが、今回も愛子先生のご指導のおかげで、よりシンプルな歌い方に近づけました。

2020年11月17日

本気文化祭直前ですが、ピアノ弾き語りの「歌」の方のクオリティがすごく気になるようになってきました。
頑張った甲斐あって、ピアノはまあ良しとしましょう。歌の方も、それに見合うくらいのクオリティにもっていきたいなと。
ここにきて歌・声への探究心がモリモリと湧いてきました。
自分の歌を録音して、聴き返して、試行錯誤して…今まで「歌」について受けたレクチャーの内容を必死に思い出してみたり。
むむ、これはがむしゃらに頑張るだけでは足りない。より多くの気付き・意識を向けるポイントを見極めねば…
本気文化祭までレッスンは残り1回ですが、もうちょい頑張りますので宜しくお願い致します。

2020年11月15日

予定よりも早くピアノ弾き語りの「通し」が出来るようになったので、本気文化祭に向けて細かい部分の「詰め」に入りました!
当初は曲を通せるようになる事がゴールだと思っていましたが、到達してみるとそこはスタートでした。まあ、曲の完成度に対する欲が出てきたのは良い事と捉えて、さらに頑張ってみようと思います!

PAGE TOP